クリア ☆最近のイベントがつねに最初に表示されます(その他の新着記事はその下方に) ◎姉妹ブログ・ここをクリック?歩く相談室〜精神保健福祉士・島田啓介のブログ

2011年06月29日

ともに幸せになる時代

1743617702_82.jpg
〈気づきの日:森のお茶会〉

21世紀のブッダは、サンガです--ティク・ナット・ハン

(これからは、ひとりでは目覚められない、一緒に目覚めていくのだ。
(ひとりだけでは幸福になれない、すべての存在が一緒に幸福になっていくのだ。
(幸福とは、すべてに共有されるものだということに気づくこと。

・・いろいろな言い換えがあるでしょう。

〉ブッダ=覚醒した存在
〉サンガ=自分やすべての真理を修する仲間たちの輪

とくに仏教徒ではないぼくは、このように心の中で言い換えています。
そうすると、21世紀は仲間と一緒に目覚めていく時代だ--といえるでしょうか。


26日は、ゆとり家や周囲の里山がサンガに開かれた幸福な一日でした。
気づきに満ちハートを開いて自然の中で仲間一緒に過ごすこと、そんな使い方をしていただければ、ゆとり家としては何も言うことがありません。

この家と土地は便宜上(登記上)個人の所有ですが、実際にはサンガのものです。
またDah という人間は見かけは世話役やリードをさせていただいていますが、実際には皆さんがそれぞれの世話をしあい、リードをしあいます。個人も、土地と同じく場ですから、心地の良いようにお使いください。

本来は個人というものはなく、あるのは期間限定で湧現している物理的特性を備えたある現象です。それを個という概念で呼んでいるだけのぼくたちは、もともと幸せであるはずの(個を含んだ)世界を、複雑で歪んだものにしてしまっているだけで、ありのままの世界はただあるだけで〈sat chit ananda〉であるのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★「気づきの日」については、今回締め切り後もキャンセル待ちの方が20名近くも申し込まれるなど、開所以来の事態になりました。ゆとり家は瞑想やワークショップで使う場合、最大でも20名くらいまでしかお受けできません(屋外だけの活動ではもっとOK)。小さな場所ではありますが、自然をまるごと体験していただきたいので、これからも会場はやはりここにしたいと考えています。

★ご希望多数につき9月にも「気づきの日」を企画していますが、こちらもすぐに満杯になると思います。そこで、10月にもさらに追加開催することを考えています。もしかしたらシリーズ化するかもしれません。

★気づきの日は、短いバージョンではすでに東京や横浜などで開かれています。参加希望者も非常に多くいらっしゃるため、近いうちに専用のホームページを立ち上げることにしました。こちらでもお知らせしますので、よろしくおねがいします。


※重要なことを、今回の募集で忘れていました。
 この瞑想会は子供参加自由です。今回は実際に参加した子はうちの幸弥だけでしたが、皆さんがよく面倒を見てくださり、それも瞑想の一部となっています。託児はありませんが、親子参加はグループ全体のためにもいい雰囲気になるのです。

posted by Dah at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mixiからの移行日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226575112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。